500億落札サルバトール・ムンディとハプスブルク双頭鷲


508億円で落札された絵
右手の意味

巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた幻のキリスト画「サルバトール・ムンディ」(救世主)が11月15日、アメリカ・ニューヨークの競売で、4億5031万2500ドル(約508億円)で落札された。競売会社クリスティーズは「美術品のオークションで落札された史上最高額となった」と発表した。
http://www.huffingtonpost.jp/2017/11/15/salvator-mundi_a_23278981/

サバジオスのハンドサイン

フリギアwiki
神話
ミダス王の墓(紀元前6世紀)
フリギアはギリシア神話にもたびたび登場する。またホメロスの「イーリアス」などにも、神話的なフリギアの歴史が登場する。
神話中のフリギア王はゴルディアースまたはミダースを名乗っている。またタンタロス(リディア王ともいう)をフリギア王とする伝承もある。トロイ戦争より前に、貧しい農夫ゴルディオス(またはゴルディアース)が神託に従って初代の王となったという。フリギア人はテルミッソス(古くはフリギア、後にガラティアとなった)に祀られたサバジオス(Sabazios、ギリシャ人はゼウスに当てる)の神託に従っていた。彼らは神託により、神殿に初めて牛車で来た男を王とした。それがゴルディアス(またはゴルディオス、ゴルディウス)である。彼は車を奉納して縛りつけた。これが「ゴルディアスの結び目」であり、後のアレクサンドロス3世(大王)が切った話で有名である。
ゴルディアスはアナトリアを縦貫する主要道(後のペルシャの「王の道」)に臨んで首都ゴルディオン(またはラテン語でゴルディウム)を建設した。
2代目とされるミダス王はいろいろな神話に登場する。
まず、トラキアにいたミダスはシレノスを助けたことでディオニューソスに感謝され、触れたものすべてを黄金にする能力をもらった。しかし何でも黄金にする手に困り、この「けがれ」をパクトロス川で払うためにアナトリアにやってくる。彼は川に黄金を残し(砂金の起源説話)たのち、ゴルディアス王と女神キュベレに養子として認められ、次の王となる。
また別の話では、ミダスはアポローン(竪琴)とパーン(パンの笛)の音楽合戦の審査員に入ったが、パンの勝ちとしたため、怒ったアポローンにロバの耳を付けられたという。
ホメロスによれば、フリギアは初めサンガリオス川(現在のサカリヤ川)のほとりに建設された。
トロイアの王プリアモスは若い頃、フリギアがアマゾンに襲われたときにこれを助けた。プリアモスの妻ヘカベは、サンガリオス川沿いに住んだフリギア王デュマスの娘とされる。
そののちフリギアはトロイア戦争でトロイアに援軍を送ったが、これはアスカニオスとポルキュスに率いられていた。彼らはフリギアのアスカニア地方の出身とされる。またデュマスの息子でヘカベの兄に当たるアシオスもフリギアの貴族であり、やはりトロイアで戦った。
ホメロスの記述ではアスカニアとサンガリオス川沿いのフリギア人の関係は明らかでなく、別の王を戴いていたようにも考えられている。

歴史
フリギア人(英語版)は紀元前12世紀頃アナトリアに入ったとみられる。これはちょうど、アナトリア中央部のヒッタイト帝国が崩壊した頃に当たるが、フリギア人が直接それに手を貸したか、それともただ混乱に乗じただけかは定かでない。
ホメロスによれば、フリギアはサンガリオス川のほとりに建設され、のちにはハリュス川(現在のクズルウルマク川)の西、ミシアとリディアの東に位置するとされた。
紀元前8世紀のアッシリアの記録には「ムシュキ(英語版)(Mushki)の王ミタ(Mita)」なる人物が出てくるが、これはフリギアのミダス王をさすと考えられている。ムシュキはトラキア西部(のちのマケドニア)にいたという部族モスキ(Moschi)と同じとする考えもある。ムシュキはメソポタミアに侵入したこともあり、紀元前709年の記録でミタ王は、アッシリアのサルゴン2世の同盟者とされている。この時代には磨製土器と呼ばれる特異なフリギア製土器が知られる。

(アッシリア・・・シュメール起源)
GODの話は横に置いといて

きんのすきなおうさま/AEIOU

A.E.I.O.U.

フリードリヒ3世(Friedrich III., 1415年9月21日 – 1493年8月19日)は、神聖ローマ帝国のローマ皇帝(1452年 – 1493年)、ローマ王(在位:1440年 – 1493年)、オーストリア公、のちオーストリア大公。ローマ王としてはフリードリヒ4世、オーストリア公および大公としてはフリードリヒ5世。ハプスブルク家では神聖ローマ帝国の君主位についた5人目の人物で、皇帝戴冠を遂げた最初の人物である。
オーストリア公エルンスト(鉄公)とツィンバルカ・マゾヴィエツカの間に、インスブルックで生まれた。又従兄のローマ王アルブレヒト2世の急死後に王位につき、フリードリヒ3世以降はハプスブルク家が皇帝位を世襲していくことになる。
・・・
最初はケルンテンなどわずか3州の貧しい領主であり、決断力に欠けて臆病で気が弱く、常に借金で追われていた[1]。フス戦争で混乱に陥ったボヘミアをオスマン帝国から防衛する任をオーストリア大公に託すという理由[2]のほか、御しやすい人物というのが、選帝侯から皇帝に選ばれた理由であった[1][2]。数多くの蔑称を身に纏い、死後は「神聖ローマ帝国の大愚図」という綽名を贈られた[3][4]。まともにぶつかれば歯の立たない強敵が大勢立ちはだかったが、辛抱強く敵が去るのを待ち[1]、選帝侯の予想に反して53年もの間帝位を占有し続け、ハプスブルク家の帝位世襲を成し遂げた[1]。
フリードリヒ3世は一見、凡庸な君主であったが、敵対者はことごとく都合良く死亡し、長生きと悪運の強さで、自発的には何もしないままハプスブルク家の繁栄の基礎を築き上げた。これには暗殺説がつきまとうほどである。[要出典]
フリードリヒ3世の好きな言葉は“A・E・I・O・U”で、あらゆる物にこれを掘り込んでいた[2]。これは“Alles Erdreich ist Österreich untertan”(オーストリアは全世界の支配者なり)の略と言われる[5]。ただし、異説もある

双頭の鷲

神聖ローマ帝国国旗

双頭の鷲はニヌルタ

双頭の鷲wiki
「双頭の鷲」自体は古来より存在する紋章で、知られている最古の「双頭の鷲」の図像は、紀元前3,800年頃のシュメールのラガシュの都市神ニンギルスに関するものである。一説には、「双頭の鷲」と「単頭のライオン頭の鷲」は、同じものを表していると考えられている。紀元前20世紀から7世紀の間のシュメールや、現在のトルコ地域のヒッタイトでも使用された[1]。また11-12世紀のセルジューク朝でも使用された。

ニヌルタの黒い鳥

・・・
マルドゥクがいなくなった後、ニヌルタは再びシャフトからエクル(ピラミッド)に入った。
水平な廊下を通って、彼はエクルの外陰部へ行った。
その東の壁で、“運命の石板”が赤く輝いていた。
「この力が、私に殺しの追跡をさせるのだ!」
と叫び、自分の副官たちに破壊するよう命じた。
ニヌルタは引き返し、大回廊を抜けて最上部の部屋に行った。
くり抜いたチェストにエクルの心臓が鼓動しており、5つの区画によって増幅されていた。
ニヌルタはそれを指令杖で叩き壊した。
また、方角を決定するググ石を運び出し、自分の選んだ場所に持って行くよう指示した。
大回廊を歩きながら、ニヌルタは27組のニビルのクリスタル(水晶)を調べた。
マルドゥクとの戦いで多くは傷ついていたが、無傷のものもあった。
丸ごと残っているものは取り除き、他のものはビームで粉砕した。
ニヌルタは外に出ると、“黒い鳥”で舞い上がった。
そして、エクルの頂上石は敵の象徴そのものだったので、武器で揺さぶってぐらつかせ、地面に落として粉々に砕いた。
「これで、マルドゥクの恐怖は永久に終わった!」
とニヌルタは勝ち誇って宣言した。
「あなたはアヌのようだ!」
と集まったアヌンナキは賞賛した。
from 「エンキの失われた聖書」

双頭の鷲/Trump International Golf

Family of Donald Trump wiki
The family of Donald Trump, the President of the United States, is a prominent American family active in real estate, entertainment, business, and politics. Trump’s immediate family circle is the First Family of the United States. They are part of the broader Trump family originating from Germany. Donald Trump has five children (between three wives) and nine grandchildren.


Trump International Golf Links logo
In 2012 Donald Trump adopted a British-style coat of arms to be used as “the coat of arms for the Trump International Golf Links Scotland,” a golf resort in Scotland.[56] According to a spokesperson for Trump, the coat of arms “will officially represent the Scottish brand” Trump International Golf Links Scotland and “brings together visual elements that signify different aspects of the Trump family heritage and importance of this project” which is “set to be the jewel in the crown” of Trump’s golf resorts in Scotland.[56][57]

トランプ氏来日、お辞儀なし 右腕2回軽くたたいて別れ惜しむ

日本皇統が創めたハプスブルク大公家

偶然?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`yahoo` not found]
[`fc2` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です