AIロボット川柳


一句。

「効率化 進めて気づく 国が無駄」

「効率化 進めて気づく 俺が無駄」 – サラリーマン川柳優秀100句決定!

2018/02/15 16:19:54
御木本千春

第一生命保険は2月15日、第31回「第一生命のサラリーマン川柳コンクール」の全国優秀100作品を発表した。優秀作品は、全国のサラリーマン・OL・主婦など幅広い世代を対象として、2017年9月~11月に募集した中から選ばれたもの。

「AI」や「IoT」の句が増加
同コンクールは1987年から実施されており、今回の応募総数は4万7,559句(前年5万5,067句)だった。今回は、「AI」や「IoT」などテクノロジーに関する句が前年の2倍以上入選したほか、「効率化 進めて気づく 俺が無駄」(さごじょうさん)など生産性向上について詠んだ句や、「課長さん たまには部下にも 忖度を」(とりとりさん)など話題の言葉を取り入れた句も複数みられた。

同コンクール特設サイトでは2月15日~3月16日の期間、全国優秀100作品からベスト10を決定する投票を実施。投票者の中から抽選で総計1,000人にPanasonic「加湿空気清浄機」などをプレゼントする。投票結果は2018年5月下旬に発表予定。

また特別企画として「健康第一部門」ベスト3を発表。応募総数1万492句の中から、「スポーツジム 車で行って チャリをこぐ」(あたまで健康追及男さん)、「カロリーの 低いメニューを おかわりし」(安心感さん)、「ドクターが ダメというもの 全部好き」(えつこさん)の3句が選ばれた。
https://news.mynavi.jp/article/20180215-585048/

ここで一句。

「議員さん アデルソンさんに 忖度を」

カジノ入場、週3回まで=実施法案で調整-政府・自民
2018年2月15日 7時7分 時事通信社
政府・自民党は14日、統合型リゾート(IR)の中核であるカジノの制度設計について、日本人らの入場回数を週3回、月9~11回までに制限する方向で検討に入った。

面積についても1万5000平方メートルの上限を設ける方向。今後党内で詳細を詰めた上で公明党などとも調整し、今国会に提出予定のIR実施法案に盛り込みたい考えだ。

ギャンブル依存症の発生を抑えるのが狙いで、15日の自民党の会合で案を提示する。入場回数制限はすべての日本人と外国人の国内居住者が対象。日本を訪れた外国人旅行者には適用しない。

政府・自民党の検討案では、入場について「連続する7日間で3回まで」と「連続する28日間で9~11回まで」の両方で制限する。カジノの入場には個人番号カード(マイナンバーカード)の提示を義務付け、回数を厳格に把握できるようにすることを検討している。

さらに、一つのカジノ区域の面積を最大1万5000平方メートルとし、IR全体に占める面積割合も3%までとする方向。カジノが巨大化しないようにするためだが、IRを誘致している地方自治体や事業者などからは反発の声が予想される。
http://sp.m.jiji.com/generalnews/article/genre/politics/id/1966722

最も重要な問題。
それでカジノ王は納得するのか???

 
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`yahoo` not found]
[`fc2` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です