”Bloody X-Day”止むを得ない15日?

Flashback Iraq War

冬季オリンピックの途中ですが・・・

It must be The “Bloody” X-Day for using the Force.
Making “止むを得ない” Situation.

原田武夫さんのブログから。

The X-Day is February 15, 2018.

Because I’m etremely busy with handling all the issues forming the new world order ahead, please forgive me to write down only the following several messages to you:

The X-Day is Februarry 15, 2018. Whether we’ll face “bloody PyoengChang” or not, is really matters. If the reconciliation process between the North and South in the Korean Peninsula, as we’re currently believeing to see through mass media, would go forward without any difficulties and disruptive events, the previous world order would be actually worsened despite of our hope and expectation. It seems that the ruling world leaders behind the door are now forced to make their mind whether they should sacrifice PyoengChang or not.

Last but not the least: Our life goes on, even though the worse version shown above would turn out to be realized. If so, a PLAN B would be urgently needed for the better world. Stay tuned.

相場の方は原田さん前回予言どおり、今のとこ為替は円高には向かってるぽい状況。

2018相場予想、円高バブルのエンドゲーム

さて、今回の予言、プランAはオリンピック開催中に実行されるのか?

いっぽう副島隆彦サンはナニが起きるのを「4月」と繰り返し明言してるが、時節的にはそうだろう。

そこで思い出されるのが、イラク戦争

Flashback Iraq War

当時は原油相場だったが、今度は株。

手法は同じでも動きは違う。

・・・

しかし、いくら止むを得ない事由が必要としても、世界中から選手と観客が集まってる中、カンケーない大勢を巻き込むんでしまうのは如何なものか。

儀式が必要なら、オリンピック終わってギリギリ電光石火でいいんじゃね?と思う。

しかし

米軍が先制して動くには

兎にも角にも

どうにもこうにも

止むを得ない」状況が必要。

それがまだ無いということは、これから起きる。

時節が時節だけに、ニッポンの役所年度末と関係があるのかないのか??

・・・

今の革命的時代変革期

ホントは民衆が覚醒して立ち上がり、ヒトケア用品を霞ヶ関で使うような状況が理想なんだろうが、今のサル山ニッポンジンには到底無理なんで、やはり止むを得ないとしか言いようがない。

Please follow and like us: