神を騙るものたち


”女性宮司を殺害した実弟の破格な豪遊 福岡に移住し釣り三昧の日々”
・・・
このニュースが意味するもの、世間の認識はズレている

富岡八幡宮の女性宮司、富岡長子さんを日本刀で殺害して自殺した実弟の富岡茂永容疑者(56)は、宮司を解任されて移り住んだ福岡県宗像市で超豪華な生活をしていた。自家用船を所有して趣味の釣り三昧、「ビビット」が入手した3年前の写真では大魚をかざすスキンヘッドにサングラス、ひげづらの人物が写り、宮司時代とは似ても似つかない茂永だという。高級家具と外車、書斎には日本刀が飾られていた。

茂永容疑者が今年(2017年)夏ごろまで住んでいたという宗像市の知人は、「金は捨てるほどあると言っていた」と話す。茂永は海外まで釣りに出かけ、ヘリコプターで釣り場に向かうこともあったという。家の金庫には6億円から8億円があるとの話もあった。

司会の国分太一「神社を私物化したようにも見えてしまいます」

知人は「仕事をしている感じはしなかった」という。ずっと無職で、遊び暮らしていたらしい。

神社はさい銭など非課税

神社はさい銭やお守り・おみくじ、祭りなどのイベントの収入が非課税だ。富岡八幡宮の初詣だけで20万人の人出があると見られ、1人1000円使うとしても2億円が無税で、ほかにも境内で骨董市や縁日のたびに人が来ればさい銭などが入り、これにも税金がかからない。それが茂永容疑者の豪遊につながっていたのだろうか。こんな税制自体がおかしい。

堀尾正明アナ「生活には困らなかったろう。それでも宮司職にこだわった」

宗教ジャーナリストの小川寛大さんは「小さいころからしみついた執着」と見る。それに立ちはだかったのが姉の長子さんだった。

初詣まであと3週間ほど。富岡八幡宮周辺で聞くと「初詣は無理。気持ちがわるい」「この神社自体をお払いしなくてはいけない」などの声が返ってきた。
https://www.j-cast.com/tv/2017/12/12316290.html

・・・

与えられた枠でしか考えない、想像力ない一般ピープル

宗教に課税しろー!ギャーギャー!

しかしそれは思う壺

このような事件起こるのは、偶然ではない

気付くべき

”税”を取られなければカネが貯まって豪遊できる
神を騙る”権威”は、カネもうけのためのメッキ

この事件、国家レベルで起こる事と相似象

”税”が無ければ皆カネが貯まり豪遊し、ただちに景気回復する

すなわち不景気原因は”税”他ならない

これを誤魔化し、さらに税による富の収奪を狙う「政策」

元凶は、聖書に後から書き加えられた「嘘」

すべての人は、上に立つ権威に従うべきである。なぜなら、神によらない権威はなく、おおよそ存在している権威は、すべて神によって立てられたものだからである。
ローマ人への手紙13章
http://web1.kcn.jp/tombo/v2/ROMANS13.html

ニッポンはキリスト教国じゃない、は通じねー
今のニッポン、欧米サルまね
そもそも寺社勢力、同じ穴のムジナ

GODはニンゲンの権威を”クソ”と審判する

権威=欲得
神を騙る権威巣食う、亡くすべきは??

国家破たん資産課税でも絶対奪われない資産(ここをクリック)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`yahoo` not found]
[`fc2` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です