KY庁とKS庁、カソウツウカで連繋プレイとニセ救世主


なぜニッポンでカソウツウカバブル騒ぎが大きく”やられた”のか?

やらせ臭さチラホラ、この記事

警告を出すのはマカオに本社があるブロックチェーンラボラトリー。仮想通貨技術を使った資金調達(ICO=イニシャル・コイン・オファリング)の代理業、仮想通貨への分散投資業などを主な事業としており、日本で投資家向けにセミナーや勧誘活動をしている。

2017年4月施行の改正資金決済法では登録業者と登録申請中の「みなし業者」しか日本で営業できず、無登録業者は仮想通貨の交換などは一切、禁じられている。

金融庁はこれまでも同社に何度も注意してきたが、営業活動をやめないため警告を出し、ホームページで公表。順守しない場合は、警察当局資金決済法違反の疑いで告発し、警察が捜査に入る。

KY庁とKS庁が”カネのなる木”へ連繋プレイ。

田塩享寛サンが何者か?どういったセミナーやってるか?
それはここで全く問題ではない。プラス権威は”全く”信用しない。

・・・

得た情報、やがて来たる国難、突然謎の”救世主”現れ、誰もがそこへ一点集中駆け込む流れ。

ナルホド、そういうことか。

そのうち分かります。

興味深い。

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です