金を奪い取りたい

god
あなたは金が欲しいですか?
僕は1万円札や100ドル札の不換紙幣のことでなくて、ゴールドの事を言っています。
金貨とかインゴットとか。
僕は無制限に欲しいです
法律が無かったら、いっぱい持ってるヤツらから奪い取りたいです。

今日は、

ニンゲンはなぜ金に価値を見出すようになったか


という「そもそも論」の話です。

今年に入って金相場が上昇してますが、
日米欧では金融緩和で不換紙幣をじゃぶじゃぶ刷りすぎてますし、
税金を使って不自然に株価のつり上げを行ってますから、
近いうちそのツケが回って
ペーパーの株・債権・貨幣は暴落する一方、

現物の金は相対的に暴騰

する可能性が高いです。

実際のトレードでは
今は欧米トレーダーの夏休みと関係あるのかないのか、
金先物が軟調ですが、
僕は、夏休み明けからはまたドカンと上昇するんじゃないかな、と期待しています。
今年の秋以降の相場は相当面白いんじゃないかなぁ、と。

なんで僕らが金を欲しがるか、というと、
貨幣との交換価値があるからですよね。
しかも紙幣と違って政府の都合で価値がゼロになる事がないから、安心して長期保有できる。

金をいっぱい持ってると紙幣に変えて家を買ったり、ベントレー買って運転手を雇ったり、カジノやキャバクラで豪遊したり、愛人を作ったり、
金貸しになって子分に仕事やらせて儲けたり、

キライなヤツをカネの力で奴隷にして虐めたり


・・・僕らの欲望をいろいろと満たしてくれます。

でも仮にですよ、
金がその辺の石ころぐらいに溢れてて、
貨幣との交換価値もゼロだとして、
つまり金は好きな時にタダで手に入るものだとした場合、
街を歩いてて誰かがあなたに

ギラギラ光る10キロの金のインゴット


「これあげる!」
と差し出されたら、あなたは欲しいと思うでしょうか?

実用性でいえば、
金は伝導率が高いので、CPUなどの電子部品には欠かせません。
なので現代では金は実用性から高い価値が認められます。
が、古代の人たちは金がパソコンやスマホの部品に欠かせないなんて事、知ってたハズ無いですよね。

一般の進化論では、ニンゲンはサルから進化したという事になっています。
サルが二足歩行するようになって、石器を使うようになって、火を使うようになって言語を使うようになって・・・

考古学では
紀元前3000年ごろのメソポタミアやエジプトで
いきなり都市国家が発生して、金が交換価値や装飾品で使われ始めています。
15世紀にコロンブスが発見するまでヨーロッパや中国と交流のなかった南米マヤ、アステカ文明でも同様に金が使われています。
南米では貨幣に使われてなかったようですが。

歴史上、最初に鋳造されるようになった金属が金

です。
金・銀→青銅→鉄 の順番だったかな?

実用性で言えば、金は鉄や青銅と違って、
武器を作っても柔らかくてすぐに曲がってしまうでしょうし、
器なら別に木の器でもガラスでも石をくり抜いても良い訳です。
探してもなかなか出てこないので、集めるのが非常にめんどくさい。
実用性でいえば、古代の生活では金という金属は最も実用性が無いです。

採れる量が少ないから貴重だと思ったんじゃないの?

、という理由が言われますが、
たとえば、原始時代におっさんがキラキラ光る金を必死で集めて食料を調達しようとして
バナナ売りに「そのバナナをこの光る石と交換してくれ」
と言っても、
「いらねーよ、そんなもん食えないじゃん!肉か魚持ってねーのか?パンはねーのか?」
と拒否されるはずです。

なんで古代の人たちは突然、金を価値あるものと思ったのでしょうか?
それも交流のあるなし関係なく、世界共通で古代文明から。

ニンゲンの歴史には突然のテクノロジーのジャンプ

があります。
順を追えば、
獣を追っかけたり逃げたりしてた原始生活から、
都市国家が出来て金を鋳造して、貨幣や金利の概念を発明して、穀物を栽培して、
宗教が起こって、
最新の土木技術ですら作るのが不可能なピラミッドを築造する、
不思議だと思いませんか?

考古学者で言語学者の亡ゼカリア・シッチンさんの説では、
シュメールの粘土板の記述を解析した結果、

人類はエイリアンによるDNA操作で作られた

そうです。

シュメールのピラミッド、都市国家ウルのジッグラトからは
そこに住んでいた

女王プアビの頭蓋骨

が発掘されていますが、
明らかに人間の頭蓋骨より巨大で、脳みそも人間の倍以上あったようです。

シッチンさんによると
女王プアビの頭蓋骨を鑑定すれば、ニンゲンとエイリアンのミッシングリンクが明らかになるだろう、とのこと。
その後鑑定されては無いようですが。
たぶん政府が意識的にやらない(やらせない)と思いますが。

ちなみに

最新のDNA研究

では、人間のDNAの97%は機能していないジャンク遺伝子で、それは地球外からやってきたものである、という事が明らかになっています。
つまり、僕らニンゲンみんなが、
今はほとんど機能していない

エイリアンの遺伝子

を持っているという事。

シッチンさんの書籍よると、
エイリアンがニンゲンをプログラミングした理由というのが、
金やダイヤの鉱物資源を採掘させる奴隷を作るため、だとか。

獣に神の姿を載せる

といった表現をしています。

ニンゲンをどうやって作ったかというと、
動物たちと戯れていた類人猿を捕まえてDNAを抽出し、
エイリアンのDNAをかけ合わせて、
エイリアンの母体から産ませたのでした。

ちなみに、15世紀の大航海時代、スペイン人が最初に南米に上陸したとき、
現地のインディオたちはスペイン軍人が白い肌をしてヘルメットを被っているのを見て

「神が還ってきた!」

と勘違いしたとか。
かつては上の写真のような白い肌のヘルメットを被ったエイリアンが支配してたのかもしれないですね。

シッチンさんの説が正しければ、

エイリアンはニンゲンの進化にレバレッジを与えた

事になります。
遺伝子で肉体の進化にレバレッジを与え、
貨幣だとか作物の栽培だとか宗教だとか、
スキル面でもレバレッジを与えたのではないでしょうか。

金についても、
ニンゲンが「神」としているエイリアンが欲しがっているのを見て、
「金は価値があるものなんだな」と、ニンゲンも金を欲しがるようになったのでは?という仮説が成り立つ訳です。

本日は以上でございます。

過去チャートから未来を読み取り、金を奪い取る方法(ここをクリック)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`yahoo` not found]
[`fc2` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です