レーザービーム

カリフォルニア大火災にDEWが使用された証拠!
これでカリフォルニア大火災は
DEW(ダイレクトエナジーウェポン)が使われたことが
明白になった・・・!

ホントでしょうか?

今回ばかりでなく、
前からだ・・・!
そして、
ポルトガル大火災(2016年)もだ!

そうでなければこう云う燃え方はしない。

こういう大火災はあり得ない・・・。

という話であるが、

それだけではなく、

明らかなブルービーム(レーザー光線)まで記録されている。
http://blog.goo.ne.jp/tumuzikaze2/e/094a1b51c83b65f4a84b39c1d92c5490

ハイテクですなぁ~

狙われてるところが意味するもの
カリフォルニア=エリート
ポルトガル=イエズス会
ガザ=パレスチナ

そして

光の武器といえば

壊滅的な戦いは北へと進み、マルドゥクはエクルに身を隠した、ギビルは目に見えないシールドを考案し、ネルガルはその全てお見通しの目を空の方へあげた。
向きを付けた角によって、”光輝の兵器”でイナンナは隠れ家を攻撃した。
祖父を守ろうとやってきたホロンは、彼女の”光輝”で右目を負傷した。
from「エンキの失われた聖書」

レーザービームで、ニッポンピ~ンチ

国家や公共機関、貨幣経済社会が粉々に潰れても決して価値の毀損しない資産(ここをクリック)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`yahoo` not found]
[`fc2` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です