「韓国にも三権分立がある」「ニッポンには無いぞ?」

今日のニュース。韓国の元徴用工訴訟問題。

「ニッポンにも三権分立あるだろ?裁判所の判決に行政がゴチャゴチャ言うなよ!」とおっしゃる韓国の文ちゃん。

「デモクラシー」(民主主義)ならぬ「役人クラシー」のニッポンには、「三権分立」なんぞ、ありまっしぇーん。

  • 立法・・・全て役人が作文。法案通れば書いた役人が出世。
  • 司法・・・検察から刑事訴追があれば99%確率、問答無用でそのとおり判決。
  • 行政・・・役人が書いたペーパーを代議士が音読。実行はブラック・ボックス。

「憲法は、ある日気づいたら、ワイマール憲法が変わって、ナチス憲法に変わっていたんですよ。だれも気づかないで変わった。あの手口学んだらどうかね」by麻生太郎の意

  • マッチポンプでマスコミ使い問題提起、「余計なおせっかい」の機会を創る。
  • 作文書いて国会の「操り人形」にそれを読ませ、出世。
  • 作文公布でカネが集まり、利益誘導済み大企業に天下る。

エアー・デモクラシー。ステルス共産主義ニッポンの、ノーメンクラツーラ。

代議士が自分で書いたペーパーなら、「云々」をワザと「デンデン」とは読まないだろ?

韓国はいっそのこと、文明開化でゲタを履かせてもらった旧卒族、軍部官僚の流れを汲む「霞が関の彼ら」に、賠償を請求したらどうですかね?

その他のニッポンジンは過去も今も、彼らから迷惑被ってるばかりで、知ったこっちゃない。

欧米民主主義国から見れば、ニッポンの中枢機構は欠陥品。落とし穴だらけ。

東京地検がルノーの経営者をターイホしたおフランスからは、五輪招致の汚職容疑でJOC会長を訴追のニュース。

まだまだまだまだ甘い甘い。面白くなるのはこれから。

LOL

Please follow and like us:
error