太陽の形をした、高度な滑稽

不条理とは、何よりもまず高度の滑稽である。

三島由紀夫氏が語っていた疑問。「日本ではなぜ内発的な革命が起きないのか?天皇制があるから革命が起きないのか?それとも革命が起きないから天皇制があるのか?」
私見では、天皇制は関係ないというか、既に政治から外れてしまったので、論じる必要が無いのでは?と思う。何とか生活出来るうちは、革命は起きない。誰も、割に合わない事はやりたくない。

まず、革命を起こす側(民衆)の、心理的な変化が必要。
順に並べると、悲劇→悲しみ→不条理感→懐疑→怒り→敵意→憎悪→復讐心。こんな感じ。
感情のベクトルが、最終的に既得権を倒すところへ向かう。
しかし、それだけでは無理で、新機軸となる「思想」が用意されていることが必要。そして誰かが扇動する。新しい思想のほうが「割に合う」と皆に判断されないとダメ。

最初から、理詰めの話で、「ハイ、そうですか」と皆が納得すりゃぁ、話は早いのだが、そうはならないのである。回りくどいシナリオ演出が必要。そういうのが、後々、詮索されて、陰謀論と呼ばれる。

歴史上、革命のトリガーとして知られてるのは、ヨーロッパでの、ペストの大流行。神に祈っても治らないもんだから、それまでの常識が壊れた。

ところで、更に勢いが付いた、太陽型ウィルス。陸の孤島、シャッタード・アイランドとなった武漢の様子は、まるでアルベルト・カミュの小説、「ペスト」の舞台の街のようだとか。
続きを読む 太陽の形をした、高度な滑稽

公務員が公費で交尾の為、15%消費増税が必要デス!

公費で交尾

呪い(まじない)のチカラは、カネのチカラ

IMFが日本に対し、消費税を15%に上げろ!と。

“消費税率 段階的に引き上げを” IMFが日本に提案(2020年2月11日、NHK NEWSWEB

つい最近、10%に上げて、結果はどうか?通年データすら出てないのに。
どうせ今の状況では、税を上げる程に、経済も財政も、破局に向かうのだ。ギャンブルのハウスエッジみたいなもん。上げれば「複利」でダメージ。やってみればいい。

ところで、リークは外務省らしいが、政権に近い公務員の福利厚生。官僚の「熟年セックスライフ」は、とーっても充実しているんだとか。
続きを読む 公務員が公費で交尾の為、15%消費増税が必要デス!

731の幻影

まだまだ序の口

発明とは、無関係に存在した既知のものと既知のものを融合することで、誰も想像しなかった相乗効果を発揮させること。

気が付けば600人越え。インドの科学者の論文から、HIVもミックスされたと噂される、太陽型ウィルス。不思議なのは、世界にばら撒かれたハズなのに、なんで中国本土でばかり死者が増えるのか?

更に不思議なのは、武漢は、HDエロ動画も数秒でダウンロード可能な強力電波、5Gの実験都市。中国の、5Gネットワークが稼働し始めた時期と、致死的コロナウィルスの蔓延が、時期を同じくする事。

不思議といえば、
続きを読む 731の幻影

「麒麟がくる」前に、アポローンがくる

BLACK HOLE SUN

黙示録9:11
彼らは、底知れぬ所の使を王にいただいており、その名をヘブル語でアバドンと言い、ギリシヤ語ではアポルオンと言う。

今年は、”1940”を彷彿させる、桜をめでる島国の、ザ・オリンピック・イヤー。
Mr.Shithole主席が統治する隣国では、海外旅行をエンジョイする、めでたい旧正月。ホンダや日産が工場を持つ工業都市「武漢」から、太陽形状ウイルスが、世界へぶちまけられた。

黙示録911とは何か?
続きを読む 「麒麟がくる」前に、アポローンがくる

ASKA氏はなぜギフハフ団に狙われたか?

前回からの続き。

アスカとナスカ

ASKAといえば、謎の「ギフハフ団」にリモート監視され、「盗聴国家・日本」を出版しようとし、冤罪ヤク容疑でタイホされ、すり替えたお茶で、何故か科研が陽性反応をレポートしてしまった、シンガーソングライターのASKAさん。
続きを読む ASKA氏はなぜギフハフ団に狙われたか?

三島由紀夫が「天皇の神性」に拘った本当の理由

神が居なければ、エロティシズムが復活しない

子どもの頃から欧米カブレだった私は、「ニッポンはなぜこんなにダサいのだろう?」と思ってたのだが、
この、ミシマ生前最後の対談は、興味深い。
続きを読む 三島由紀夫が「天皇の神性」に拘った本当の理由

捻じ曲げられたEvangelion(福音)

2020年は「あらゆる偶像が壊れる」を予想。国家(社会)も法律も金融経済も権力も権威もみーんな偶像。
昨年末、被告扱いで逃亡したカルロス・ゴーン氏曰く、日本国の司法制度は、「’Rigged’ Japan Legal System」(いかさま司法制度)。

メインストリームである事、それ自体が罪

世界の主要国、日米欧、社会主義の中国含め、国家政治のしくみの根源は、キリスト教聖書。自然法論。「近代市民社会」の発祥はヨーロッパだから、例えその国家が反キリスト教であっても、現行国家行政法治システムの内容は、すべからく聖書ベースなのである。

特に日本は、憲法を除く法律の原理原則が、戦前のカトリック教義。
法律=クソ

ゴーン氏にRigged(いかさま)と言わせた統治システムの歪みも、聖書の記述で原因を辿る事が出来る。
続きを読む 捻じ曲げられたEvangelion(福音)