ボーイング737MAX事故は、JAL123便のConfirmation

昨年10月のインドネシア・ライオンエアーに続き、3月はエチオピア航空の、ボーイング737MAX墜落事故。

窮地のボーイング社が、機体のシステム誤作動を認めたというニュース。

米ボーイング、システム誤作動認める 墜落事故原因 2019/4/5 5:29 (2019/4/5 10:30更新)

とはいっても、機体そのもののメカニズムではなく、ソフトウェアの異常とか。

ライオンエアーの事故では

墜落したライオンエア機のセンサー、事故前に米航空機整備会社が修理

機首についてる角度センサーは「上向け」の認知をしたのに、なぜか水平尾翼は「下向け」作動。

ハッキング?

墜落事故でボーイングが自ら非を認めたという事で思い出されるのが、1985年8月12日に群馬と長野に跨る高天原に墜落した、JAL123便。
続きを読む ボーイング737MAX事故は、JAL123便のConfirmation

命令口調な新元号「令和」の意味。

命令口調な新元号。「安倍がオレたちに命令するってことなんじゃねぇの?」と、不人気らしい。

しかし来る、暗記脳メインストリーマー総崩れ時代。「我が意志に従え」と、民に命令を下せるのは、もはや代議士でも官僚でも無い。

百歩譲って少なくとも、ネタ元がウメの花の歌集だから、サクラのマークではない。

では、どういう意味か?

意図的に隠され続けてきた、天皇のホントの歴史(無料WEBセミナー)

続きを読む 命令口調な新元号「令和」の意味。

欲には勝てぬデータ偽造

腐った隠密

この世には、宇宙サイズのバカでかい「法則の歯車」というのがぐるぐる回っている。その下に有史以来、ニンゲンが対症療法的に繋げてきた「倫理、道徳、法律」の、ちっちゃな歯車がいっぱい存在する。今、それらが時代の巡りで宇宙サイズの歯車に接近し、構造と回転数の違いから、ガリガリ軋み出した。やがてニンゲン文明のちっちゃな歯車たちは粉々に砕け散る。

データ偽造がバレた厚生労働省。課長が韓国の空港で暴れた事件。

本人は「韓国人が嫌いだ!」と言ってるのに、なぜ私用で3泊4日の韓国旅行に出かけるのか?韓国大好きなんじゃないの?それとも、言うに言われぬ隠密任務があったんですかね?

タクシーに乗ったら運転手が警官で、「ヘンな国だ!」と。何かに狙われてるだろ?
続きを読む 欲には勝てぬデータ偽造

宗教=タックスヘイブン

見えないものを見ようとする誤解

宗教は何のために存在しているのか?

宗教法人を持つ意味=タックスヘイブン。租税回避地。

世界の中心、金融のシティがある英国内。対して世界中、あちこちにある大英帝国のちっちゃな領土。女王様の属領は、タックスヘイブン。

地理的なタックスヘイブンに対しての、国家の枠内の、官僚制資本主義社会における租税回避地こそが、宗教法人。

特に日本。裏ワザとして、知られたやり方。

儲かってもゼーキン取られん。使えるもんなら使いたい。

世界一の重税複利搾取国家であるニッポン。何故敢えて政府はタックスヘイブンを残してきたのか?
続きを読む 宗教=タックスヘイブン

ピエール逮捕は「TOKYO2020」返上フラグ

リメンバー1940

2020のTOKYOなんて、どうせ無いんだよ。

国営放送の、オリンピックを題材にした大河ドラマに出演中の、韓国紙幣ピエール氏。

20代の頃から、コカインでハイになってたそう。とはいえ、パンピーがやるやらないは別として、フツーに世界中のアーティスト達がやってきた事。

ヤクでキメないと、ぶっ飛んだゲージュツは産み出せないのかもしれない。

真面目に勤勉に生産した、「コンプライアンス、コンプライアンス、コレクトネス♪」なんて音楽が出てきても、クソ面白くない。
続きを読む ピエール逮捕は「TOKYO2020」返上フラグ

「M資金」の真相

「M資金詐欺」というのがあります。

ニッポンが戦時中、占領地で集めた巨額の財をGHQが回収し、日米でコッソリ運用しているという、簿外資産の都市伝説。

この簿外資産を財源として「あなただけ、特別に融資!○○に投資してくれませんか!」と、地元の名士や官僚出身経営者、人気絶頂の俳優、社会的地位のある者が、騙された。

飛騨3兆円事件、全日空3千億円詐欺、田宮二郎氏自殺事件、国債還付金詐欺など。

超低金利、好条件、超長期の巨額出資。

額が額だけに、契約の場で印紙税代や手続費用を騙し取るだけで、詐欺師はガッポリ儲かるらしい。
続きを読む 「M資金」の真相

ロシア皇帝の金塊をネコババした「霞が関」

どうオトシマエつけるのか?

旧大日本帝国陸軍官僚と霞が関。なぜ彼らの根本思想はソックリ承継されたのか?理由が解ったような。

支配層は、教育的措置とはいえ、ロクでもない連中をニッポンに残してくれた。

失われたロシア帝国の金塊、日本で世紀の発見か?

続きを読む ロシア皇帝の金塊をネコババした「霞が関」

マネロンは悪か?

海外で稼いだおカネを国内で生活に使う際の問題。為替差損と送金手数料。

ごん(元)ニッサン自動車会長のように、ニッポン企業から円で報酬を受け取り、お家のある国に帰って米ドルで生活する場合、為替相場が円高へ向かう時は、米ドル換算で増えるから、お得。ところがアベノミクス相場のように急激に円安へ向かう場合、ものすごーく損をする。

民主党政権で円高のとき(1ドル75円)と自民党政権で円安のとき(1ドル125円)の円価値の差は50円。平均を1ドル100円と考えれば、あらゆる円建て資産の半分(50円)は、為替相場の影響で増えたり減ったりしたことになる。
続きを読む マネロンは悪か?

「韓国にも三権分立がある」「ニッポンには無いぞ?」

今日のニュース。韓国の元徴用工訴訟問題。

「ニッポンにも三権分立あるだろ?裁判所の判決に行政がゴチャゴチャ言うなよ!」とおっしゃる韓国の文ちゃん。

「デモクラシー」(民主主義)ならぬ「役人クラシー」のニッポンには、「三権分立」なんぞ、ありまっしぇーん。
続きを読む 「韓国にも三権分立がある」「ニッポンには無いぞ?」