サイコパス野郎の見分け方

今日は興味深いマインドセットから。

サイコパスから逃げなさい

サイコパスって何ですか?というと、
あなたの周囲にこんな人はいませんか?

見た目はファッショナブルでキチッとしていて、

社交的で誰とでも打ち解けて話が出来て、

あなたとも初めのうちは気さくに話が出来たり悩みの相談に乗ってくれたりして

「いいヤツだな」と思わせておいて、

実はあなたの地位やお金を騙し取ろうと狙っていたり、彼氏・彼女を寝取ってやろうと企んでたり、

そのうちストーカーになったり、果ては命を狙って犯罪行為に走る精神異常者の事です。

そこまでゆかなくても、

マトモに付き合うと何か問題が起きた時、やたらとそいつだけに都合の良い交渉をあなたに持ちかけたり、

あなたに対してネガティブな結果をもたらすタイプの人間に間違いありません。

で、そんなサイコパス野郎の見分け方なのですが、

以下の4つの性格のタイプ分けを見て、それぞれどちらに当てはまるかを知る事で判断出来ます。

「外交的タイプ」と「内向的タイプ」

外交的タイプは社交的で会話が上手く誰とでも打ち解けるタイプで、とりあえず言葉を発してから考える、といった特徴があります。

一方、内向的タイプは自分の意に沿わない言葉は発したくない、という考えを持ってるので、
会話の中でも言葉を選び、ワンテンポ遅れて返事するという特徴があります。
内向的タイプの人は外交的タイプの人が何気に発したコトバに対して、後から「あいつのあの言葉の真意は何だ??」と考え込んでしまう事もあります。

「五感タイプ」と「六感タイプ」

五感タイプとは視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の五感が優れていて、今現在の環境認識と問題解決に長けています。
特徴としてはファッションのTPOや世間一般の常識的な振る舞いが上手です。
が、今現在の利益に捉われやすく、遠い将来を考慮することはやりません。
一般的に社会人としては傍から見れば、六感タイプより五感タイプの方が優れたように感じるのではないでしょうか。

六感タイプとは、物事を俯瞰して抽象的な思索から直感的に答えを導き出す、といった事をやります。
今現在の利益よりも、ついつい先の事まで考えてしまいます。
いつもかなーり遠くを見つめてますから、今現在の認識が弱いのです。
傍から見たら六感タイプの人は「スピリチュアルな事に興味があるのかな?」と思われるかもしれませんし、
ファッションや行動もちぐはぐで、変なヤツと思われるかもしれません。

例えば六感タイプの僕が「ビットコインはポストモダンなんだよ」とか、
「近代市民社会がヨーロッパだけで起こったのは、遊牧民族が西に移動したからだよ」といった話をその業界の専門家に伝えても、
五感タイプの専門家が順序立てて論理的に事実認識を積み重ねないと、それまでは何のことやら意味不明で理解してもらえない、といった感じです。
世界を変えてきたのは六感タイプの人たちなんですがね。

「思考タイプ」と「情タイプ」

思考タイプとは人間関係を自分にリターンがあるかどうかの損得勘定で見る人の事で、
例えばあなたが社長でダメな部下がいたとすると、迷わずすぐクビに出来たり、リターンのない友人との関係を迷いなくスパッと切ることが出来ます。

情タイプは逆に、ダメな部下がいても「可哀想な境遇だから」とヤメさせられなかったり、自分には何の得にならないけれども友人の悩み事を聞いてやりながら関係を続けられる人の事です。

「整理整頓タイプ」と「クリエイティブタイプ」

整理整頓タイプはスケジュールの管理が上手かったり、仕事を順序立てて期限までにこなしてゆくというのが得意で、整理整頓の一要素として社会規範も盛り込むので、ルールから逸脱する事も少ないです。

クリエイティブタイプは実験的なことが好きで、自分で発想した事を行動に移してみるという傾向があります。
自分の考えに没頭しますから、スケジュールを管理するという事自体かなり苦痛で、期限や時間を守れない事もしばしばあります。
社会的ルールについても「そもそも、なんでこのルールはこうなの?」と思ってしまう事もあります。

以上の分類で「外交的タイプ」「五感タイプ」「思考タイプ」「クリエイティブタイプ」が重なると、その人はサイコパスになりやすい危険性を孕んでいます

つまり、
会話が上手で一見いい人そうに見えて(外交的タイプ)、
身なりも良くて常識的だが今現在の利益しか求めず(五感タイプ)、
人間関係を冷徹にリターンだけで考えて(思考タイプ)、
自分で発想した事を行動に移す(クリエイティブタイプ)、
といった特徴を持った人がサイコパスになりやすい人です。

こういうヤツがあなたの周りにいたら要注意です。
何気なく距離を取りましょう。

普段の会話の中で見分けるための方法としては、例えば情に訴えて「お金を貸して欲しい」といった話をしてみてはどうでしょう。
五感タイプの短期的利益と、思考タイプの人間関係をリターンで見る、という事のテストです。

ちなみに僕は内向タイプ+六感タイプ+思考タイプ+クリエイティブタイプでした。
実は、僕は昔から自分を結構危ないヤツと思ってたのですが、六感タイプの「先を読んでしまう」というのがブロックになってたようです。

僕はこれまで、法って人の損得勘定に訴えることで効果が得られる、ってずっと考えてたのですが、それが不可能な人格もあるのだな、というお話でした。

本日は以上でございます。

追伸

サイコパスへの対処法をまとめました。
現代社会の強者たるサイコ野郎の弱点を暴き、あなたがヘラヘラ笑いながらサイコ野郎をボッコボコにイジメてイジメ抜いていろんなものを奪い取ってゆくという、非常に楽しいゲームの攻略法を明かします!
サイコパス叩きゲームの遊び方と攻略法

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`yahoo` not found]
[`fc2` not found]

4 Comments

whiteduke

対処としては以下の2択だと思います。
①とにかく関わらない、嘘をついてでもさっさと逃げる。
②悪魔になって、無慈悲に完膚なきまでやっつける。

サイコパスな人は一見社交的なようで、実は嫌われ者という事も多いです。

また、論理的なようで会話の辻褄が合ってなかったり、場当たり的な思考をする傾向があるので(短期的な利益しか見ない)、ワザと刺激して怒らせるとボロを出してくることがあります。

Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です