積み上げたものは必ず崩れる

などてすめろぎは人間(ひと)となりたまひし

以前、世界支配の構造を単純化して、5段のピラミッドで説明する記事を書いた。

こんな感じ。

シャーマンのブルース§8「サル山ステータスとブラックボックス」

根源的支配層というのは、リーダー各の人物がオモテに出ることはないだろうが(めんどくさいから)、王族や皇族。しかし実際は、アラブの特殊なのを除いて、彼らは既に政治の実権から離れている。

番頭格は、ロックフェラーやロスチャイルド。今だと最後のお務めのキッシンジャー博士でしょうか。

”手代”というのは、国家レベルの行政を統括するクラスで、支配人のこと。”手代”は古い商法の言い回し。

話を戻し、日本では、ピラミッドのトップにいるはずの天皇は、象徴としての存在。手代クラスは、政治家もそうだけど、実際に国内で全ての実権を握っているのは、旧現人神の家来たち。すなわち官僚機構。

何が言いたいのかというと、先に逃げちゃってるのね。ピラミッドのてっぺんが。

Please follow and like us: