「復讐するは我にあり」

復讐史観

法律の「自力救済禁止の原則」の起源。新約聖書「(パウロから)ローマ人への手紙」12-19に出てくる。これはペテン。

愛する者たちよ。自分で復讐をしないで、むしろ、神の怒りに任せなさい。なぜなら、「主が言われる。復讐はわたしのすることである。わたし自身が報復する」と書いてあるからである。

ローマ教会がパウロの言葉を利用し、都合の悪い者を捕まえては、勝手に審判。異端審問で火あぶり。
時代は下り国民国家においては、役人が自分たちに都合悪い者を、理屈でもって捕まえる。どういうトリックがあるのか?日本ではなんと99%確率で被疑者を刑事裁判で有罪に追い込み、懲罰を与える。

国民にはマスコミを上手く使って心理誘導するものの、前後の流れを観察すれば、必ず自分らの税とか罰金、規制によるお仕事確保。新たな立法根拠、利権に絡んでいる。欧米人が日本のオウム真理教死刑囚の執行で日本の「死刑制度」を激しく批判したのは、国家という「利権団体」が信用ならないものだから。欧米市民の教訓。

そもそも「神が復讐する」というのが、おかしな話。

「神が復讐する必要がある」のはどういうことか?神は全知全能ではないのか?何かに失敗したから復讐が必要なわけだろう?

具体的に「誰が誰に復讐」するのか?

ヒントは、ヨハネの黙示録。

5:11
さらに見ていると、御座と生き物と長老たちとのまわりに、多くの御使たちの声が上がるのを聞いた。その数は万の幾万倍、千の幾千倍もあって、

5:12
大声で叫んでいた、「ほふられた小羊こそは、力と、富と、知恵と、勢いと、ほまれと、栄光と、さんびとを受けるにふさわしい」

ここでいう「ほふられた子羊」は誰か?実はイエスのことではない。

聖書の起源は、シュメル神話。
「ヨハネの黙示録」は、神々と呼ばれた旧人類が、敵都市に「恐怖の武器」7発を投下した記録。

広島長崎原爆投下、未だ語られないホントの理由

子羊は、イナンナが共に牡羊座の時代の支配を計画していた、マルドゥクに屠られた婚約者。

ユダヤ教徒とイスラム教徒が豚肉を食べてはいけないホントの理由と起源

ほふられた子羊=ドゥムジ(タンムーズ)

パウロの「ローマ人への手紙」12-19でいう「主」は、イナンナである。

パウロが、イナンナに属した「法の執行権」を、ペテンにより騙った。神を騙ったのである。それが「法の原理」のひとつとして、そのままキリスト教文化圏において「自然法論」に内蔵され、国民国家の法秩序となる。

それをニッポンがサル真似。

神話の話だからと、甘く見てはいけない。「今」の問題にダイレクトに繋がっている。

冒頭の「聖アンと聖母子」の絵。
ダ・ヴィンチは何を伝えようとしたのか?

はやしひろしさんの謎解きビデオ。
「赤ん坊が子羊の頭に短刀を突き刺しているのでは?」と。

手前の女性、「マリア」は顔とベールが血まみれ。
さらに、マリアの後ろの聖アン(マリアの母親とされる)は、どう見ても体格はオトコ。年齢はマリアと同年代にしか見えない。

私の解釈では、登場人物の配置は、こうなる。

ルネッサンス期、教会を潜入により乗っ取った勢力がいるようだ。
マリアと赤ん坊の体格の違い。乗っ取った側と、乗っ取られた側、夫々の「知能」と「戦闘力」の差を表わしている。

「オレたちにとって、オマエたちを屠ることは、赤子をヒネるようなものだぜ!」

当時のメインストリーム勢力にとっては、「魔女の勢力」がおっとろしくてしょうがなかったハズだ。
Witch Hunt、魔女狩りに必死になる。

相手は産まれついてのスパイだから、どこにいるか判らない。どこから何を仕掛けてくるか判らない。摘発に必死。
火あぶりでも屈服しない。
やたらと「意思の力」が強い。

ヨーロッパはキリスト教文化。市民革命に至るまで「内心の法」は教会の戒律。文化圏を守るため、國體勢力は教会が必要。よって、乗っ取りをかけた。

その後、近代において、神々の戦いは「法思想の戦い」にスライドした。

ニーベルンゲン復讐騎士団

ところで復讐物語といえば、北欧神話の「ニーベルンゲン」に登場する「クリームヒルト」が、イナンナとよく似ている。

1999年以後(ヒトラーだけに見えた恐怖の未来図)五島勉 NONBOOKS

「ニーベルンゲン」とは、古代ゲルマンの恐ろしい伝説の名だ。それを生んだ南ドイツのシュバルツバルト(黒い森)、そこを支配していた神話的な一族の名前でもあった。彼らは族長ニーベルング、不死身の若い英雄ジークフリートを中心に、人類の未来を救う力を持つという正体不明の「宝」を守って、深い森の中で暮らしていた。

ところが、あるとき、人類から未来を奪うため、ブルゴンドという魔族が森に侵入してきた。

彼らは裏切者をそそのかし、魔族の毒矢でジークフリートの背中の1点を射させた。そこだけが、不死身の英雄ジークフリートの、たった1つのウィークポイントだった。不死の泉で産湯をつかったとき、そこにだけ、小さな木の葉が落ちてくっついたからだ(一説では、退治した竜の不死の返り血を全身に浴びたとき、背中の1点だけ残った)。

そこを射ぬかれた彼は、苦しんで死ぬ。

魔族は森の奥の館を襲って「宝」を奪い、ニーベルンゲン一族の大半も魔族の猛毒で悶死する。

だが、かろうじて生き残った彼の17歳の若妻クリームヒルトは、やはり少数だけ残った「ニーベルンゲン騎士団」の若者たちと、たがいの胸を剣で傷つけ、血をすすり合って復讐を誓う。そのため彼女は、「日の昇る東方のアジア王」の前に美しい裸身を投げ出し、ひきかえに協力の密約をとりつけ、アジア軍と騎士団の戦力をあわせて魔族に挑む。

そして何度かの死闘のあと、存亡を賭けた最後の決戦。「ニーベルンゲン騎士団」は猛毒に苦しみながらも、火の剣で魔族を1人ずつ殺す。クリームヒルトも、敵の首領の「魔王」と深く刺し違え、血と炎に悶えつつ息たえる。

かくて双方、全員が滅び、森も炎と毒で枯れ果てる。

同時に空から燃える星が落ち、大地震と大落雷、赤ん坊の頭ほどの雹も降る。あとは焼け崩れ凍りついた死の静寂。何かわからない未来の人類の「宝」だけが、ニーベルンゲンの廃嘘のどこかに、誰にも知られずに埋もれて残るのである。

何か人類の運命そのもののような、残酷で予言的なこの伝説。これをヒトラーはことのほか気に入っていた。

「おお、これがゲルマンだ。未来の真実だ。私が見ている未来と同じだ。古代ゲルマンの伝説の中に、来たるべき天変地異と復讐の大戦が暗示されているのだ!」

総統本営や山荘のパーティで、たまたまこの伝説(ニーベルンゲン伝説)の話が出ると、ヒトラーはこううめいて拳を震わせ、側近たちが恐れるほど興奮することがあった。オペラではもっと興奮した。彼が好きだったワーグナーのオペラに、この伝説から取った『ニーベルングの指環』という3部作があるが、彼はこれを当時のドイツ楽壇のスターたちに命じて何度も上演させ、全てが滅びる幕切れが来ると必ず叫んだ。

「そうだ、ブラボー、みんな死ね! そして復讐に甦れ! ナチは不死鳥、私も不死鳥だ! 民族の血の怨みに選ばれた者だけが不死鳥になれるのだ!」

ナチスは「復讐プロジェクト」。

ヒトラーの予言。当時存在していなかった「イスラエル」という国名を、ヒトラーは予言で口にした。
人類の中から進化した「神人」が支配する2039年。なぜかケネディ暗殺の真相が全て明かされるのも、同じく2039年。
今明かせば「お前らは悪魔だー!ギャー!ギャー!」と感情的になる真相も、進化した”神人”ならば、「当時は人類も未熟だったし、しょうがないよね!」で納得してしまうのかも?

ヒトラーは「目を合わせていられないほど苛烈で恐れを知らぬ人物」と実際に会い、人類の進化を確信したという。

ついでにISISと呼ばれたテロ集団。
落合莞爾氏のインペリアルアイズで、ISはナニによるソレという「なんじゃそれ?」という話があったが、エジプトのIsis(イシス)の物語も、テーマは「復讐」。

シャーマンのブルース§10「BLACK MARIA」

そういえば、霞が関駅にサリンを撒いたとされるオウム真理教事件の報道で実行犯のことを「屠られた子羊」って呼んでたっけ。処刑しちゃったね。

いつかサル達が気付くか?まぁ無理でしょうな。

南無。

Please follow and like us: