ニッポンほど敬虔なカトリック教国は他に存在しない


衆院解散で

戦時中内閣

混乱の中、誰がババを引くか?
誰もババを引きたくないでしょうから
どうせなら

大政翼賛会(たいせいよくさんかい)は、1940年(昭和15年)10月12日から1945年(昭和20年)6月13日まで存在していた日本の公事結社。左右合同の組織である

全員でババを引き、政体の根こそぎお掃除?

ところで
「働かざる者、食うべからず」
のニッポンジンらしさを象徴する

「勤労の美徳」

って

第二テサロニケ書3:6-13、口語訳聖書
兄弟たちよ。主イエス・キリストの名によってあなたがたに命じる。怠惰な生活をして、わたしたちから受けた言伝えに従わないすべての兄弟たちから、遠ざかりなさい。
わたしたちに、どうならうべきであるかは、あなたがた自身が知っているはずである。あなたがたの所にいた時には、わたしたちは怠惰な生活をしなかったし、人からパンをもらって食べることもしなかった。それどころか、あなたがたのだれにも負担をかけまいと、日夜、労苦し努力して働き続けた。
それは、わたしたちにその権利がないからではなく、ただわたしたちにあなたがたが見習うように、身をもって模範を示したのである。
また、あなたがたの所にいた時に、「働こうとしない者は、食べることもしてはならない」と命じておいた。
ところが、聞くところによると、あなたがたのうちのある者は怠惰な生活を送り、働かないで、ただいたずらに動きまわっているとのことである。
こうした人々に対しては、静かに働いて自分で得たパンを食べるように、主イエス・キリストによって命じまた勧める。
兄弟たちよ。あなたがたは、たゆまずに良い働きをしなさい。

実はカトリック思想

(ちなみに生物としてのサタンは、この世に存在しない)

キリスト教国でもないのにコレが日本人に浸透したワケ

で、
本当のサタンは

働かん者食うべからずと申すこと理屈じゃ

理屈は悪じゃ、悪魔じゃ

日月神示全文掲載 光 の 巻  8帖~1帖

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`yahoo` not found]
[`fc2` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です