シャーマンのブルース§6「差別利権マトリックス」

前回は人類の起源、

地球の主であるエンキさんがぶらぶらと散歩してたら、セクスィーな原初人類の娘2人が目に留まり、

2人の娘を次々と口説いてはその場で中○しするという(上の図のように?)

神のナンパ術

によって、文明化された現在の人類が誕生した話と、

「未来は過去にあるのだ!!未来のお前たちがこの記録から学んで何とかしろ!」

とエンキさんが恥を忍んで記録に残した失敗談を、ニンゲン達は

「予言は実現すべきもの」

と勘違いし、同じ失敗を延々とエンドレステープのように繰り返している、という話。

そして、そのエンドレステープを書き換える方法としての「型の思考」の話でした。

ところで、陰謀論で支配層は

聖書予言を実現したがる

というのがありますが、

当時使用した核兵器が7発ですから、黙示録にある7つの災いというのは、当時封印を解いた「恐怖の武器7発」と解釈できます。

ということは、黙示録なんて、とっくの昔に終わった話。

この予言を成就しようと考えてる者が未だにいるとすれば、

ニンゲンはどうしようもないバカである

という事になります。

常に上っ面だけをなぞって、理屈を整える。この繰り返し。

ところで、ナンパといえば最近、こんな事件が目に留まりました。

前編「性の喜びおじさんはなぜ殺されたのか?」を解説

後編「性の喜びおじさんはなぜ殺されたのか?」を解説

さゆふらさんのHP

性の喜びおじさんを怒らせ、暴力を振るわせようとしたところ、勢い余って死なせてしまった、ということでしょうか。

垂れ流す「型」を撮影しようとして、失敗した。

そのために一人の命が奪われた。

ニュースで実名を検索しても、この事件に限って全く結果が出てこないのが奇妙です。

そういえば、

エ○動画で僕の好きなものに、自然な営みとしてのNNDというジャンルがあります。

英米のサイトでは「パイにクリームをかけたみたい」という表現でCPと呼びます。

CPというジャンルを更に分けると、自然な営みのPCPというのと、後ろに入れるACPの2種類があります。

僕はACPの方は全く興味が無いのですが、CPで検索すると半数以上の割合でACPの動画に当たってしまいます。

50%割合でAFの需要があるのだろうか?

僕は、入れるべきとこに入れた方が絶対気持ちイイ!と思うのだが、何故なんでしょう??

これも同じ目的なのだろうか?

本題です。

歴史に

ユダヤ問題

というのがありますが、エンキさんの物語の中に、こんな話があります。

神々がマルドゥク討伐の核戦争を計画したとき、

当時地球司令官であったエンリルが夢の中でガルズという使者にお告げを受け、

「核戦争で生き残らせるニンゲンを選べ!」

と言われ、エンリルが

「こいつなら」

と選んだ「イブル・ウム」という人物がいます。

これが

旧約聖書のアブラハム

エンリルさんに選ばれたので、その子孫が選民という意味。

という事は、当時の核戦争を生き残ったニンゲンがユダヤ人ということで、

その祖先を辿るとアダパとティティなので、エンキさんの血筋。

アメリカ大陸にいて生き残ったカ・インの子孫も含めると

エンキさんの血筋、つまりニビルの皇族であるアヌンナキの血筋を地球人と仮定すれば、

ユダヤ人というのは「地球人の総称」みたいなもの

となる。

という事は、ユダヤ人を差別すると、気付かずもニンゲン全般を差別してしまう事になる。

つまり、

あなたがどんな人種であっても(人間である限り)、ユダヤ人を差別するということは、

己(人間)を差別するという自己矛盾

を起こしてしまう。

で、

差別には差別を始める人たち、差別する側とされる側が必要な訳で、

される側が「地球人」であるとすれば、する側は「地球人ではない」という事になる。

「じゃぁ、一体何者なのさ??」

ということになりますが、

ヨハネの黙示録に、こんな言葉があります。

2:8スミルナにある教会の御使に、こう書きおくりなさい。
『初めであり、終りである者、死んだことはあるが生き返った者が、次のように言われる。
2:9わたしは、あなたの苦難や、貧しさを知っている(しかし実際は、あなたは富んでいるのだ)。また、ユダヤ人と自称してはいるが、その実ユダヤ人でなくてサタンの会堂に属する者たちにそしられていることも、わたしは知っている。
2:10あなたの受けようとする苦しみを恐れてはならない。見よ、悪魔が、あなたがたのうちのある者をためすために、獄に入れようとしている。あなたがたは十日の間、苦難にあうであろう。死に至るまで忠実であれ。そうすれば、いのちの冠を与えよう。
2:11耳のある者は、御霊が諸教会に言うことを聞くがよい。勝利を得る者は、第二の死によって滅ぼされることはない』。

口語訳聖書より)

ここで

サタン=悪魔 が「邪悪な蛇」のマルドゥクだとして、彼はエンキさんの長男なので、ニンゲンと同じ血筋。

が、

別の血筋の者たちがいた。

マルドゥクと人間の娘の結婚式のとき

「オレたちもマルドゥク様みたいに、ニンゲンのオンナと性の悦びを知りてぇ~!」

と、地上に下りてきた、火星基地の子分たち。

サタンの会堂=イギギの300人イッても委員会?

なんちゃって。

つまりこの問題もやらせ起源であり、なりすましによる上下逆転の、これが雛形。

で、被差別民を騙るものは

「差別だ、差別だー!権利だ、権利だー!」

と美味しいとこだけ主張して、迷惑被るのは常に一般ピープルなのであった。

・・・神々に泣きながら支配権を懇願したお坊ちゃまマルドゥクは、粗野な火星労働者たちを統率しきれたのだろうか?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`yahoo` not found]
[`fc2` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です