太陽の形をした、高度な滑稽

不条理とは、何よりもまず高度の滑稽である。

三島由紀夫氏が語っていた疑問。「日本ではなぜ内発的な革命が起きないのか?天皇制があるから革命が起きないのか?それとも革命が起きないから天皇制があるのか?」
私見では、天皇制は関係ないというか、既に政治から外れてしまったので、論じる必要が無いのでは?と思う。何とか生活出来るうちは、革命は起きない。誰も、割に合わない事はやりたくない。

まず、革命を起こす側(民衆)の、心理的な変化が必要。
順に並べると、悲劇→悲しみ→不条理感→懐疑→怒り→敵意→憎悪→復讐心。こんな感じ。
感情のベクトルが、最終的に既得権を倒すところへ向かう。
しかし、それだけでは無理で、新機軸となる「思想」が用意されていることが必要。そして誰かが扇動する。新しい思想のほうが「割に合う」と皆に判断されないとダメ。

最初から、理詰めの話で、「ハイ、そうですか」と皆が納得すりゃぁ、話は早いのだが、そうはならないのである。回りくどいシナリオ演出が必要。そういうのが、後々、詮索されて、陰謀論と呼ばれる。

歴史上、革命のトリガーとして知られてるのは、ヨーロッパでの、ペストの大流行。神に祈っても治らないもんだから、それまでの常識が壊れた。

ところで、更に勢いが付いた、太陽型ウィルス。陸の孤島、シャッタード・アイランドとなった武漢の様子は、まるでアルベルト・カミュの小説、「ペスト」の舞台の街のようだとか。

今の武漢市はカミュの『ペスト』の舞台「オラン」より深刻だ!2020年01月29日-草莽隊日記

今回のコロナウイルスによる新型肺炎の拡大は、習近平ら中共の全体主義政権が引き起こした人災である。それにWHOまで加担したばかりか、日本政府までもが中共に忖度し、武漢からの観光客を野放しにした結果、日本国内で日本人が感染する事態にまでなったのである。悲惨なのは武漢市をはじめとして、湖北省の都市が外部から遮断されていることだ▼カミュの『ペスト』(宮崎嶺雄訳)は、アルジェリアの要港オランが舞台になった小説だが、知事か差し出した「ペストチクタルコトヲセンゲンシ シヲヘイサセヨ」という公電で閉鎖されたのだった。閉じ込められることの恐怖を、カミュは小説のテーマにしたのである

カミュといえば、テーマは「不条理」

不条理(ふじょうり)は、不合理であること、あるいは常識に反していることを指す。英語の absurd、フランス語の absurde、ドイツ語の Absurdität の訳。これらはいずれもラテン語の absurdus を語源とする。このラテン語の意味は「不協和な」(cf. Cicero, De Oratore, III, 41)。

不条理とは何よりもまず高度の滑稽である。なんらかのものあるいは人とうまく調和しないことを意味する。不条理とは通常の予測を外れた行動または思想であり、不条理な推論とは非論理的な推論である。

文学における不条理

不条理によってナンセンスの効果がもたらされるため、ある種の文学作品ではしばしば不条理的展開が用いられる。代表的な不条理文学としては、カミュの小説『ペスト』や『異邦人』、セリーヌの『夜の果てへの旅』、カフカの『変身』や『審判』などがある。

不条理文学は第二次世界大戦に生まれ、多くの場合不条理演劇によって表現された。代表的作家としてはウジェーヌ・イヨネスコ、サミュエル・ベケット、フェルナンド・アラバルなど。現代中国文学においては高行健が集中的に取り組んでいる。

哲学における不条理

哲学的意味における不条理は、世界に意味を見いだそうとする人間の努力は最終的に失敗せざるをえないということを主張する。そのような意味は少なくとも人間にとっては存在しないからである。この意味での不条理は、論理的に不可能というよりも人間にとって不可能ということである。

ウィルスや細菌にとって、ニンゲンがいう「善悪」なんて関係ない。

話を戻し、流行してるのは、ホントに太陽型ウィルス”だけ”だろうか?

中国製生物兵器 キメラ肺ペスト Chinese Pneumonic Plague(Yellow Death)-tokumei10

肺ペスト pneumonic plague
腺ペストの流行が続いた後に起こりやすいが、時に単独発生することもある。かなり稀な病型。腺ペストを発症している人が二次的に肺に菌が回って発病し、又はその患者の咳やくしゃみによって飛散したペスト菌を吸い込んで発病する。頭痛や40℃程度の発熱、下痢、気管支炎や肺炎により呼吸困難、血痰を伴う肺炎となる。呼吸困難となり治療しなければ数日で死亡する。

そういえば去年の11月

香港は「法の支配が崩壊寸前」?

北京で肺ペスト発生 感染力強く致死性も

武漢を完全封鎖したMr.Shithole主席の判断は正しいのかも。ついでに腐敗役人の処分までやるとは、流石。

そういえば「ヒロアカ」で問題になったネーミング。731部隊。細菌兵器は、大日本帝国陸軍の十八番。なのに今の日本政府は、何よりオリンピック開催優先だからか?ダメダメ対応。

何が起きても「太陽のせい」という、「高度な滑稽」なのか?

Please follow and like us: