パチンコ店1000億の脱税検挙で一石二鳥

国益=官僚利権


依存症対策強化で政府が入場規制を検討しているといわれる、パチンコ業界。

かつてのこのニュース
パチンコ店40グループ、1000億円申告漏れ 国税調査:日本経済新聞2012/2/13付

有名な国家資格専門家がパチンコ店に節税策を指南していたようで

法人になりたぁ~い!

全国各地でパチンコ店を運営する約40グループが東京国税局などの一斉税務調査を受け、少なくとも総額約1千億円の申告漏れを指摘されたことが13日までに、関係者への取材で分かった。各グループは会社分割などを利用し、不動産の含み損を損金計上していたが、国税当局は一連の税務処理を租税回避行為にあたると判断したとみられる。

こうした「節税策」は東京都内で事務所を運営していた元税理士が指南。指摘を受けたのは、いずれも数店から数十店のホールを展開する準大手で、大半は修正申告したとみられる。国税当局は巨額の申告漏れに至った経緯を調査しているもようだ。

元税理士が指南した主な節税策は、国が2001年に導入した、企業の合併や分割を円滑に進めるための企業組織再編税制を利用したもの。同制度は、不動産などを100%子会社に現物出資する際、簿価のままで不動産の所有権を子会社に移し、親会社に時価との差額の損益を発生させない規定を盛り込んでいる。

関係者の話によると、元税理士の顧客の各グループは、本体会社(親会社)が会社を分割したうえで、時価の評価額が簿価より低い不動産を新会社に現物出資する一方、新会社の株式を取得し、不動産が抱えた含み損を本体会社の損金として計上。子会社を設立する際には、株主に従業員など第三者を加え、100%子会社ではないように装っていたという。
https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1301A_T10C12A2CC0000/

え?20001年からほっといたの?

元が覇道なんで、不要になれば覇道で崩せる。

一石二鳥!トカゲのシッポ切り用リバース弁証法

正:(官僚)パチンコ企業に巨額脱税ハッケン!
反:(愚民)こいつらにも課税しろ~!
カス:(官僚)ビジバシ取り締まりまっせ~(もう用無しだし~)

・・・
なぜなら、
海の向こうの
「カジノを作りなさ~い!」
の声に応えて

国際観光産業振興議員連盟(こくさいかんこうさんぎょうしんこうぎいんれんめい)は、社民党と共産党を除く日本の超党派国会議員による議員連盟[1]。略称:IR議連。2010年4月14日に参加者74人で発足した[2]。通称“カジノ議連”
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E8%A6%B3%E5%85%89%E7%94%A3%E6%A5%AD%E6%8C%AF%E8%88%88%E8%AD%B0%E5%93%A1%E9%80%A3%E7%9B%9F

海の向こうはパチンコ業界なんぞどうでもいい、というか、
ライバルはいないほうがいいに決まってる。
・・・

5ちゃんでの反応は・・・

162 :ヽ(´∀`≡´∀`)ノ7777さん:2013/09/22(日) 17:57:14.18 ID:bkXbpJi+
☆★☆東京地検特捜部部長のありがたいお言葉☆★☆

額に汗して働く人、リストラされ働けない人、違反すれば儲かると分かっていても
法律を遵守している企業の人たちが、憤慨するような事案を万難を排しても摘発したい

163 :ヽ(´∀`≡´∀`)ノ7777さん:2013/11/02(土) 11:20:41.12 ID:96kcjRNi
そもそも、ゲーセンの景品以上の射幸心は賭博だろ

バリバリ取り締まれ

164 :ヽ(´∀`≡´∀`)ノ7777さん:2013/11/20(水) 18:22:49.31 ID:QYc5MXI2
はい

165 :ヽ(´∀`≡´∀`)ノ7777さん:2013/11/20(水) 22:44:29.22 ID:gwH6pDew
あげ

166 :ヽ(´∀`≡´∀`)ノ7777さん:2013/11/23(土) 01:18:36.09 ID:6cWL1MEl
1000億円の脱税って…
これが国に入っていればどれだけの国益に繋がっていたか。
パチンコ業界マジでクズだ。

https://kanae.5ch.net/test/read.cgi/pachi/1329004744/l50

・・・

一石二鳥の世論形成。

「法律を遵守」って、誰が法律書いてんだか。
神を騙るものたち

これが国に入っていればどれだけの国益に繋がっていたか?

一部ポケットマネー抜き、あとはぜんぶ親分とこのハウスエッジ100%の債券賭博に賭けましたかねぇ~。

国家中枢に行くほど、依存症だらけ。

今は、ありもしない ”ギャンブル依存症という病気” の扱いを巡って、迷走中!

アメリカのカジノ大手「シーザーズ・エンターテインメント」は現在、政府が検討している日本人に対するカジノへの入場規制が行われた場合、投資額を減らすと牽制(けんせい)しました。

シーザーズ・エンターテインメント国際開発部門社長、スティーブン・タイト氏:「収益を生むチャンスが制約されれば、投資・出資額が変わってくると思う。そうすると、日本や地域社会にとってのIRのメリットも制約されてしまう」

政府はカジノを成長産業にするとしてこの国会で法案を準備していますが、ギャンブル依存症の弊害が懸念されるため、日本人の入場については週3回、月10回に制限する方向で調整しています。これに対してカジノ事業者は「制限すると逆にのめり込む」という論理を展開したうえで、この規制が導入されれば「収益が減るため、投資額が減る」と牽制しました。ANNの世論調査では66%がカジノに反対しています。
(2018/02/28 08:00)
http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000121796.html

ニッポン国家中枢の重度屁理屈依存症に、海の向こうの方々がダメ出し。

タテマエ法律で制限しときながら、裏で自分らだけ甘い汁を吸うから、のめり込むんですかね。

そして依存して賭けた債券賭博のカネが巡り巡って、彼らを襲う。

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です