広島長崎原爆投下、未だ語られないホントの理由

覚悟はよろしいか?

核兵器使用は歴史上、広島長崎が最初とは限らない。

聖書「ヨハネの黙示録」の元ネタである、シュメル時代の

7つの「恐怖の武器」


1.敵なしの者
2.赤々と燃える火
3.恐怖で崩れ落ちる者
4.山を溶かす者
5.世界の端を探し求める者
6.上も下も誰も容赦しない者
7.生き物を蒸発させる者

ソドムとゴモラの今

しかし、結果として作戦大失敗!

「邪悪な風」により旧勢力は都市と民を失い、自滅。
バビロンで支配宣言を行った、新しい者たちに統治を明け渡す。

しかし旧勢力は地上からそのまま消えたのか?

消えてなどない!

今のメインストリームたちがやってること

人種がどうとか生れた国がどうとか宗教がどうとかいうハナシでなく、問題は「思想」。

地球寒冷化恒常的デフレ時代到来のこの期に及んでチート行為!

マスコミ使いモリカケどうしたタレント不倫どうしたの、国民白痴化ゴマカシ戦術。
このままダラダラ金融抑圧マッチポンプで逃げ切れるか?
そんなの許されるか??

広島長崎の意味

ニッポン原爆投下には、こういう説もある。

当時、核兵器の研究は、連合国の英米よりも日本ドイツの方が進んでいた。
トンデモ論ぽいが意味はあるし事実も含まれると思う。

しかし
国家対国家の枠で考えるかぎり、ホントの理由が見えてこない。
国家対国家ではない。
当時のアメリカも日本も、どちらも2つの勢力がまざりんこ。

で、なぜ広島長崎選んだか?

ニッポンにある「教会」って、ある目的に使えるのであった。
たらったら~・た~ら~♪

ところで
昨年英国上陸したハリケーンのネーミング、意味するところ

夢見るように死にゆくオフィーリア

ハムレットあらすじwiki

デンマーク王が急死する。王の弟クローディアスは王妃と結婚し、跡を継いでデンマーク王の座に就く。父王の死と母の早い再婚とで憂いに沈む王子ハムレットは、従臣から父の亡霊が夜な夜なエルシノアの城壁に現れるという話を聞き、自らも確かめる。父の亡霊に会ったハムレットは、実は父の死はクローディアスによる毒殺だったと告げられる。

復讐を誓ったハムレットは狂気を装う。王と王妃はその変貌ぶりに憂慮するが、宰相ポローニアスは、その原因を娘オフィーリアへの実らぬ恋ゆえだと察する。父の命令で探りを入れるオフィーリアを、ハムレットは無下に扱う。やがて、王が父を暗殺したという確かな証拠を掴んだハムレットだが、母である王妃と会話しているところを隠れて盗み聞きしていたポローニアスを、王と誤って刺殺してしまう(「ねずみかな」という台詞があるが、本当にねずみと思っていたわけではない)。オフィーリアは度重なる悲しみのあまり狂い、やがて溺死する。ポローニアスの息子レアティーズは、父と妹の仇をとろうと怒りを燃やす。
ハムレットの存在に危険を感じた王はレアティーズと結託し、毒剣と毒入りの酒を用意して、ハムレットを剣術試合に招き、秘かに殺そうとする。しかし試合のさなか、王妃が毒入りとは知らずに酒を飲んで死に、ハムレットとレアティーズ両者とも試合中に毒剣で傷を負う。死にゆくレアティーズから真相を聞かされたハムレットは、王を殺して復讐を果たした後、事の顛末を語り伝えてくれるよう親友ホレイショーに言い残し、死んでいく。

劇中抜粋
第4幕第7場で王妃ガートルードは「小川を斜めに横切ってはえるヤナギが…」で始まる台詞で、オフィーリアがヤナギの木に登り、小枝が折れたせいで小川に落ちて溺死してしまったことを報告する。ガートルードは、オフィーリアは「自身の災難もわからぬまま」のように見えたと述べる。ガートルードがオフィーリアの死を説明する場面は、文学における最も詩的な死の知らせのひとつとして賞賛を集めている。

後の場面で、墓場にいる墓掘り人はオフィーリアは自殺したに違いないと主張している。レアティーズは墓地で聖職者が言ったことに対して怒りを露わにし、聖職者は地獄で「吠え面をかくことになる」時にオフィーリア天国で天使になるだろうと答えている。

絵画「オフィーリア」wiki
描かれたエピソードは舞台上では見られず、
ガートルードのせりふにのみ存在する。

「(前略)すてきな花輪を、垂れた枝にかけようと、柳によじ登ったとたん、意地の悪い枝が折れ、花輪もろとも、まっさかさまに、涙の川に落ちました。裾が大きく広がって、人魚のようにしばらく体を浮かせて―――そのあいだ、あの子は古い小唄を口ずさみ、自分の不幸が分からぬ様子―――まるで水の中で暮らす妖精のように。でも、それも長くは続かず、服が水を吸って重くなり、哀れ、あの子を美しい歌から、泥まみれの死の底へ引きずり下ろしたのです。」

オフィーリアの葬儀で王妃ガートルードは「美しい人には美しいものを」と言いながら墓に花を撒き、オフィーリアがハムレットの妻になってほしかったと述べている。これはレアティーズが第1幕でオフィーリアに対して警告していた内容とは逆である。それからレアティーズはオフィーリアの墓穴に飛び降り、もう一度最後に妹を腕に抱きしめ、自分がどれほどオフィーリアを愛していたか宣言するまで埋葬を待ってくれと頼む。近くに隠れていたハムレットがレアティーズに挑戦し、自分は「4万人の」兄弟よりもオフィーリアを愛していたと主張する。葬儀の場面の後ではオフィーリアはもう言及されることはない。

そのココロ

先に回心した?イエズス会出身フランシスさんから

世界への警告

権威(偶像)崇拝により実った果実を刈り取るとき

覚悟はよろしいか?

知~ら~ね~

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です