白人種誕生と古代の間男


これは古代より伝わる地球における白人種誕生の秘密の話。

1万年前の英国人、黒い肌 骨からDNA解析

【ロンドン=共同】英国の洞窟で見つかった約1万年前のヒトの骨から採取したDNAを解析した結果、現在の英国に当時住んでいたヒトは緑がかった青い瞳で、肌は「浅黒い色から黒い色」だったことが明らかになった。ロンドンの自然史博物館が7日発表した。

DNA解析に基づかない手法により約20年前に行われた同じ骨からの復元では、より白い肌だと考えられており、英国内に驚きが広がっている。

研究チームは、英国にいたヒトが白い肌になったのは、これまで考えられていたよりずっと後の時代だった可能性があると分析している。

同博物館と英ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンのチームは、1903年に英南西部のチェダー渓谷で見つかった「チェダーマン」の遺伝子を調査。チェダーマンは中石器時代の狩猟採集民で、ほぼ完全な形で見つかった人骨としては英国で最も古い。

解析の結果、チェダーマンの肌には、サハラ砂漠以南のアフリカ人に通常見られるような色素沈着の特色があり、髪の毛は浅黒い巻き毛だった。男性で身長は166センチ、20代とみられる。

これまでは、ヒトが約4万5千年前に欧州に中東から移動してきて間もなく、ビタミンDの生成に必要な太陽光をより吸収するため、白い肌になったと考えられていた。

白人種の登場はどうやら、これまで考えられていた環境適応が原因とは違うのでは?という話。

古い記録によれば・・・

遺伝子操作

さてこれはアダムゥがどうしてその名前で呼ばれるようになったのか、そしてどのようにしてティ・アマトが彼に対応する女性として形作られた日についての話である。

新生児の容貌と手足を、指導者たちは注意深く調べた・・・

彼の耳は調子が良かった。

彼の目は動きが妨げられていなかった。

彼の手足は適切で、下半身は足のように、上半身は、手のように形作られていた。

彼は、野生のように毛むくじゃらではなく、彼の頭髪は漆黒だった。

彼の肌はなめらかで、アヌンナキのようだった。
その色はどす黒い血のようだった。
それはアブズの粘土のような色味だった。
彼らは彼の男性器を見た・・・その形は奇妙だった。
その前部は皮膚で覆われていた。
それはアヌンナキの男性と異なり、その前部から皮膚がぶら下がっていた!

「この包皮で、地球人と我々アヌンナキを区別することにしよう!」

エンキがそう言った。

fromエンキの失われた聖書

・・・
途中大幅省略

間男の登場

ル・マクの配偶者バタナシュはル・マクの父マツシャルの兄弟の娘で、際立って美しく、その美しさにエンキは惹かれた。

エンキはマルドゥクに言葉を送った。

「お前の領地にル・マクを呼び寄せるのだ。そこで、地球人によってどのように都が築かれているのか、彼に教えるのだ!」

ル・マクはマルドゥクに呼び出されると、バタナシュをニンマーの土地シュルバクに連れて来た。
怒れる地球人から、保護するためである。
その後、すぐにエンキがニンマーを訪ねて来た。 

住居の屋上でバタナシュが入浴していると、エンキが彼女の腰を抱き寄せ、キスし、子宮に精子を注いだ。
バタナシュは妊娠した。

シュルバクからル・マクへ言葉が送られた。

「エディンへ戻れ!息子が生まれた」 

彼はシュルバクへ戻り、バタナシュは息子を見せた。 

肌は雪のように白く、髪は羊毛の色で、目は空のようで、その目はキラキラと利発そうに輝いていた。 
ル・マクは怯え、父マツシャルの下へ急いだ。

「バタナシュに、地球人に見えない子が生まれました。私は非常に困惑しています」

マツシャルはバタナシュのころへやって来て、新生児を見ると、その外観に驚いた。

「イギギの 1 人が父親か?この子がル・マクの子かどうか、真実を明かすのだ!」

「命に掛けて、父親がイギギではないことを誓います」

とバタナシュは答えた。

マツシャルは息子に言った。

「この子は謎だが、その奇妙さ故に、お前への前兆が啓示されている。彼は運命によって、類の無い仕事のために選ばれたのだ。それが何なのかは解らないが、しかるべき時が来たら、解ることだろう!」

当時、地球では苦しみが増していた。

「その子は普通ではないことから、休息がやって来る前兆としよう。彼の名は “休息” にしよう」
とマツシャルは言った。

バタナシュは、2 人に息子の秘密は明かさなかった。

「ジウスドラ、“長く明るい人生の日々の彼” としましょう」

と彼女は言った。 

ニンマーはこの子に自分の保護と愛情と知識を授けた。
エンキはこの子を非常に可愛がり、アダパの文書を読むことを彼に教えた。
聖職者の仕事をどのように遵守して実行するか学んだ。
110 番目のシャルに、ジウスドラは生まれた。 
彼はシュルバクで成長した。

彼の時代、苦しみは更に増した。 

fromエンキの失われた聖書

・・・
間男が登場する度、いろんな赤ん坊が産まれるのであった。
で、チンコの皮もムケるようになった、と。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`yahoo` not found]
[`fc2` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です