日本芸能界を襲うConfidential Closet

confidential

国賊=比叡山の僧兵たち

三浦春馬、芦名星、竹内結子、活躍中のタレントが、謎のクローゼット自殺。おかしいだろ。特に三浦春馬サンと竹内結子サンは、信用詐欺のストーリー、コンフィデンスマンJP劇場版ロマンス編で共演。

confidenceは信用させるとか、秘密を守るという意味があるが、「クローゼット」も、英単語のclosetは、秘密とか機密を意味する。
続きを読む 日本芸能界を襲うConfidential Closet

「ダルガはふたたび、目を醒ました。おまえらの心が元へもどらなければ、カルメは繰り返す、もうすぐに」

ナンバー8のARAYASHIKI

「アスカとナスカ」からの続き。

ASKA氏はなぜギフハフ団に狙われたか?

ルポライターの五島勉が三島由紀夫から聞いた古代都市伝説。五島氏はミシマの謎を追い、遥々インドの古代都市アスカへ。
問題は、五島氏が、取材した謎の仙人から貰ったメッセージ。
続きを読む 「ダルガはふたたび、目を醒ました。おまえらの心が元へもどらなければ、カルメは繰り返す、もうすぐに」

本当は恐ろしいアメリカの思想と歴史

本音と建前を使い分ける、世渡り上手なメインストリーマーは、生来の嘘つき

副島隆彦氏の「本当は恐ろしいアメリカの思想と歴史」という本を読んだ。

政治思想史がある程度分かった人が読めば、理解出来るが、一般には、かなりとっつきにくい本なのだろう。ヨーロッパの貴族は似た名前が多い。例えばフランスのブルボン王朝の成立を説明するのに、アンリがアンリをやっつける為、アンリを利用して、アンリがアンリを殺してアンリが先に亡くなったので、利用されたアンリがフランス王になってブルボン朝を始めたとか、シャルル、カルロス、カールが全部同じ人物とか、なんとか何世の名が飛び飛びで出てきたりと、まず、国王の名前で混乱する。

この本が画期的なのは、近代500年の政治(法)思想が全て、キリスト教プロテスタントとは似て非なる、ユニテリアン(フリーメイソン)と呼ばれる者たちから出てきた事実を、解りやすく解説した事である。ユニテリアンを無理やり単純に述べれば、個人の自由を尊重し、既存の権威の意見に頼らず、「自分の理性で考える」という思想である。
続きを読む 本当は恐ろしいアメリカの思想と歴史

コロナ発生源批判というブーメラン

ブーメランの原理

他人を批判する者は、批判対象について、自分自身が罪悪感を感じる事が出来るから、批判する。人は、自らが全く認識出来ないものについては、他人を強く批判する事など出来ない。

例えばトランプのロシア疑惑は、批判した民主党ヒラリー・クリントンが、ロシアの原子力企業に、カナダの「ウラニウム・ワン」という企業を売り渡した「ロシア・ゲート」事件をやらかしていた。自分らがやってる事に罪悪感を見出す事が出来るから、敵の弱みが見つければ、容赦なく攻撃出来る。自分の秘密が露見するとは思わなかったのだろう。
続きを読む コロナ発生源批判というブーメラン