ジャマル・カショギ氏惨殺は、リメンバー・ロッキード・ケースの最終通告


ジャーナリストのジャマル・アフマド・カショギ氏がサウジアラビア領事館で惨殺されたという事件。

アップル・ウォッチの録音から、生きたまま切り刻まれたという。

なんで領事館でISみたいな屠殺処理が必要だったのか?生きたままとか、無茶苦茶だ。暗殺なら他にもやり方があるだろ?マフィア・ドラマのトニー・ソプラノ一家でも、生きたままでは解体しない。サウジのエージェントはジンギス・カンか?

サウジアラビアが仮に専制的な国家であったとしても、奇妙な事件である。

「カショギ」といえば、かつて日本の政界スキャンダルで名を轟かせた武器商人。

続きを読む ジャマル・カショギ氏惨殺は、リメンバー・ロッキード・ケースの最終通告

Please follow and like us:

「自力救済禁止の原則」は詐欺


国家という幻想集団の中で、自力救済はやってはいけないことになっている。

あなたが誰かに悪さをされた場合、自分で恨みを晴らすとか、盗まれた財産を取り返すのは、禁止される。

手続。裁判は民事と刑事、行政罰に分かれる。

裁判には時間とカネがかかる。仕事が忙しいヒトは大変。逆にヒマを持て余し、条文の構成用件だけねつ造、訴えたり、脅して儲けるのをビジネスにしてるヤツもいる。当たり屋とか、裁判所からの通知を偽造したり。

自動車事故で相手が当たり屋でも民事不介入。ストーカー事件では、実際に犯罪に至るまで警察が構ってくれず、殺された、とか。

自力救済の禁止は合理的だろうか?自分で出来るなら、勝手に自力救済したほうが早くねーか?

迷信からサルの惑星が誕生するまで

自力救済禁止の原則。起源を調べた。現在運用されるすべての法律(自然法論)の起源は、聖書に遡る。 続きを読む 「自力救済禁止の原則」は詐欺

Please follow and like us: